転職情報かる・ける転職の教科書自己PR自己PRで真面目さをアピールするには?表現方法や注意点を解説
転職情報 かる・ける

自己PRで真面目さをアピールするには?表現方法や注意点を解説

就職活動をする際に自己PRで上手にアピールすることは、採用されるうえで非常に重要な要素です。
自己PRで「真面目さ」をアピールしようと決めても、どのように伝えれば印象が良くなるか悩むこともあるかもしれません。

そこで本記事では、「真面目さ」を上手にアピールするための表現方法や注意点を解説します。
アピール文を作るコツや職種別の「真面目さ」をアピールする方法を紹介していますので、悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

自己PRで真面目さを長所にする効果的な表現は?

自己PRで「真面目さ」を長所にする効果的な表現を解説します。
「真面目さ」を伝えるには、それだけでは意味が広く抽象的なため、そのままでは自己PRに使えません。
そのため、「真面目さ」を表現できる具体的な内容を伝える必要があります。
次の2点を意識して考えると良いでしょう。

  • 自分なりの真面目さとは何かを伝える
  • 真面目さが長所になるエピソードを伝える

それぞれ詳しく解説します。

自分なりの真面目さとは何かを伝える

「真面目さ」には、人により持っているイメージが異なるため、自分なりの「真面目さ」とは何なのかを伝える必要があります。
「真面目さ」から連想されるイメージには、次のようなものがあります。

責任感がある 正義感が強い
几帳面である 妥協しない
信念を貫ける 継続力がある
誠実さがある 正確性がある

多くのイメージがあるため、迷うこともあるかもしれません。
そのようなときは、企業が求める人材像に照らし合わせながら選択すると良いでしょう。

真面目さが長所になるエピソードを伝える

「真面目さ」のイメージが定まったら、その裏付けとなるエピソードを交えると伝わりやすくなります。

「真面目さが長所です」とだけ伝えても、どの程度のものなのかイメージがつきにくく、上手なアピールになりません。
エピソードを盛り込むことで具体性が生まれ、長所がどのように活きたか伝わりやすいです。
エピソードを伝えるときは、ビフォーアフターの型を取り入れると、わかりやすく説得力のある内容になります。

自己PRで真面目さをアピールするときの注意点

自己PRで真面目さをアピールするときの注意点は、次の3つです。

  • 応募する企業にあっているか
  • できて当然の行動を選んでいないか
  • 短所が「真面目さ」と矛盾していないか

それぞれの注意点を順番に解説します。

応募する企業に合っているかを考える

伝えようとしている自己PRの内容が、応募する企業にあっているかを考えましょう。
企業の仕事内容によって、必要とされる真面目さは異なります。
顧客から信用を得て活動している企業には、「責任感がある」「仕事に取り組む誠実さ」などの真面目さが必要です。
しかし、ベンチャー企業のような新しいことにチャレンジをする企業の場合は、「妥協しない」「あきらめず継続する力」などが求められる真面目さになります。

企業により求める人材が異なるため、どの企業に対しても同じ内容を伝えるのではなく、応募する企業ごとに自分のもっている「真面目さ」の表現をアレンジしてください。

できて当然の行動を自己PRに選ばない

社会人のマナーとして、できて当然の行動は選ばないようにしましょう。
例えば、次のような内容は避けてください。

  • 約束やルールを守れる
  • 時間に遅れない
  • 期限を守って提出できる

このようなできて当然のルールを自己PRにすると、「意識が足りない」「仕事を任せられるのかな?」と判断されてしまいます。

しかし、当然のことでも以下のように自分なりの工夫した点を加えると、評価の対象になります。

例)期限を守るをアピール

期限を守るのが得意です。→ 期限を守る仕組みを作って、みんなが期限を守れるようになりました。

このように、自分なりの努力や工夫の追加でオリジナリティを出すと、当然のことを選んだとしても、評価されるアピールに変えられます。

短所が「真面目」と矛盾しているのはNG

自己PRの「真面目さ」が短所と矛盾しないように気をつけましょう。

また、嘘になる内容や大げさに話を膨らませすぎるのも良くありません。

面接では、自身の短所についてもよく質問されます。
「真面目さ」をアピールしようとして、事実と異なる伝え方をしてしまうと、咄嗟の質問のときに辻褄が合わないこともあるため、注意が必要です。

真面目さを長所にした文の簡単な作り方

「真面目さ」を長所にした自己PRの作り方のコツは、フレームワークに沿って作ることです。
文章を作るのが苦手な人でも、以下のフレームに当てはめていけば、わかりやすい文を作ることができます。

1.結論 自己PRで重要な結論をはじめにもってきて、目立つようにする。
2.理由・エピソード はじめに伝えた内容の理由を説明する。
エピソードを交えると伝わりやすくなる。
3.結果・行動したこと エピソードを伝えた場合は、結果を伝える。
長所を活かして行動したことを伝えても良い。
4.目標・抱負 長所を活かして、企業に貢献できることを伝える。
実行したい目標や抱負を伝えるのも良い。

自己PRについて実際の例文を見たい方は、以下の記事を参考にしてください。

【職種別】自己PRになる「真面目さ」の例

「真面目さ」といっても、職種ごとに求められる内容が異なります。
自己PRを考えるうえで参考になるよう、次の職種ごとに求められる「真面目さ」を解説します。

  • オフィスワーク系
  • 看護・介護系
  • 薬学・工学系

オフィスワーク系

医療事務や介護事務、ケアマネジャー(介護支援専門員)など、デスクワークが中心となるオフィスワーク系の仕事で求められる「真面目さ」は次のとおりです。

  • 几帳面である
  • 正確さがある
  • 地道に継続できる

オフィスワーク系の仕事では、会計の仕事やスケジュール調整などを扱います。
人前にでないデスクワークも多いため、コツコツと作業を継続できたり、几帳面に作業ができたりする人材は重宝されるでしょう。

看護・介護・リハビリ系

看護師や介護士、理学療法士など、人を相手にする仕事が中心の看護・介護・リハビリ系の職種で求められる「真面目さ」は次のとおりです。

  • 責任感がある
  • 誠実さがある
  • 正確性がある

看護・介護系の仕事では、患者さんやご家族など多くの人と接します。
自分のことを任せられる責任感や誠実さ、事故を起こさない正確性などを持ちあわせている人材は重宝されるでしょう。

薬学・工学系

薬剤師や検査技師など、薬剤や機械などの作業に特化したスペシャリストの職種に求められる「真面目さ」は次のとおりです。

  • 妥協しない
  • 几帳面である
  • 正確性がある

薬学・工学系の仕事では、調剤業務や検査機器を駆使して検査をするなど、専門性が求められます。
調剤業務や検査などは、ミスや見落としが許されないため、正確性は求められる長所の一つになります。
また、二重チェックや機器の点検など細かなことを妥協せずに実行できること、これらを忘れずに実行できる几帳面なところを持ちあわせている人材は重宝されるでしょう。

真面目さを活かした自己PRで就活を有利に進めよう

自己PRで真面目さを効果的に伝えるには、「自分なりの真面目さ」や「真面目さが長所になるエピソード」を伝えるようにしましょう。
その際の注意点は次の3つです。

  • 応募する企業にあっているか
  • できて当然の行動を選んでいないか
  • 短所が「真面目さ」と矛盾していないか

また、「結論」「理由」「結果」「目標」のフレームワークに沿って作成することで、文章を書くのが苦手な人でも、伝わりやすくわかりやすい自己PRを作成することができます。

これらのことを参考に、真面目さを活かした上手な自己PRを作成して、就職活動を有利に進めてください。

執筆者について

転職情報かる・けるは、転職や就職を目指している人の「知りたい」に応えるメディアです。 全国61,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://x.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。