転職情報かる・ける転職の教科書雇用形態正社員型派遣とは?他の雇用形態との違いやメリット・デメリットを解説
転職情報 かる・ける

正社員型派遣とは?他の雇用形態との違いやメリット・デメリットを解説

正社員型派遣とは、正社員として派遣企業と雇用契約を結び、働く場所は派遣先の企業という雇用形態のことをいいます。
つまり、雇われている企業と就労先の企業が異なる正社員ということです。

この記事では、正社員型派遣を一般派遣、正社員と比較しながら、メリット、デメリットにどのようなものがあるかを詳しく解説していきます。

正社員型派遣とは?

まずは、正社員型派遣の定義と、一般派遣や正社員との違いを、表を見ながら確認していきましょう。

正社員型派遣の定義

正社員型派遣とは、雇われている企業とは別の会社に派遣されて就労することをいいます。

一般派遣は契約期間があり、派遣先で就業中のときにしか給与が発生しません。
対して正社員型派遣は、雇われている企業と常時雇用契約を結んでおり、就業していないときでも給与をもらうことができます。

そのため安定した給与、賞与などを受け取ることができ、さらに正社員として福利厚生などの待遇を受けることができます。

正社員型派遣と一般派遣の違い

下表は、正社員型派遣と一般派遣の違いを表したものです。

   正社員型派遣 一般派遣
雇用期間 65歳まで 最長3年
給与 月給 時給
福利厚生の有無 あり なし

それぞれの項目について、詳しく見ていきましょう。

雇用期間

  • 正社員型派遣
    ○ 雇われている企業との雇用期間は定年まで保証される
    ○ キャリアとしては正社員型派遣の場合、正社員としての職歴となる
  • 一般派遣
    ○ あらかじめ契約期間が決まっており、会社と派遣先が決めた契約期間のみ働くことができる(同じ職場は最長3年まで)
    ○ キャリアとしては一般派遣は、派遣社員としての職歴となる

給与

  • 正社員型派遣
    ○ 派遣先で就業していなくとも給与を受け取ることができる
    ○ ほとんどが月給制
  • 一般派遣
    ○ 派遣先で就業しているときのみ給与が発生する
    ○ 契約期間が終了すると、次の派遣先が決まるまでは給与を受け取れない
    ○ ほとんどが時給制、よって働いている時間のみ給与が発生(当然休日は発生しない)

福利厚生の有無

  • 正社員型派遣
    ○ 福利厚生がある(ボーナス、有給、社会保険、昇給など)
    ○ 女性であれば産前産後休暇、育児休業も取得することができる
  • 一般派遣
    ○ 福利厚生がないことがほとんど
    ○ 2020年に労働者派遣法などの法改正があり、正社員と派遣社員は給与や福利厚生も同じであるべきという考えが打ち出された

福利厚生は「法定福利厚生」と「法定外福利厚生」の2種類に分けられており、派遣社員でも企業によって受けられるものとそうでないものがあるため一度企業に確認をしたほうが良いでしょう。

  • 「法定福利厚生」・・・健康保険、介護保険、雇用保険など
  • 「法定外福利厚生」・・・交通費、社員食堂、資格取得手当(企業が独自で行っているもの)

正社員型派遣と正社員の違い

では、正社員型派遣と正社員の違いはなんでしょうか?
結論からいうと、それは「就業先」です。

正社員型派遣は、雇われている企業とは違う企業(派遣先の企業)で働きます。
対して、正社員は雇われている企業で働くことが一般的です。

一方で、給与や賞与、福利厚生などの面では正社員も正社員型派遣も同じです。

正社員型派遣のメリット

正社員型派遣のメリット

ここからはさらに掘り下げて、正社員型派遣のメリットを2つ紹介していきます。

雇用や収入が安定する

正社員型派遣は、一般派遣と違い契約期間があるわけではなく、基本的には定年まで雇用してもらえるため、収入が安定するという点がメリットです。

派遣社員の場合は、派遣先の雇用期間が終了すれば新たに次の派遣先を見つける必要があるため、一定期間無職の状態になってしまい、収入が不安定になりがちです。

一方で正社員型派遣は、次の派遣先までの待機期間も給与が発生するため、そのような心配がなく、安心して勤めることができるでしょう。

さまざまな仕事が経験できる

正社員型派遣は、一つの企業ではなく、さまざまな派遣先の企業で働くことになり、仕事内容も多岐にわたります。

なかには、大企業や有名企業に派遣されることもあり、レベルの高い人材から技術やノウハウを得られる機会もあり、自らのスキルアップにつなげることも可能です。

また、派遣先の企業から声がかかり、その企業の正社員となれるケースもあります。
そうなれば職場を変えることなく、同じ職場で働き続けることができます。

正社員型派遣のデメリット

続いて、正社員型派遣のデメリットも見ていきましょう、
デメリットも知っておくことで、就職先の選択の幅が広がります。

希望する職種で働くことができない

正社員型派遣は、さまざまな企業を経験できる一方、自分の希望する職種で働いたり、一つの会社に長く携わることが難しい点がデメリットです。

正社員派遣は、派遣されていない時期にも給与が発生するため、派遣会社はできるだけ待機期間を作らないようにしたいと考えます。
よって正社員派遣は、職場が頻繁に変わることが一般的で、その都度新しい環境に慣れていかなければなりません。

辞めにくい

一般派遣は、派遣先との相性が悪く辞めたいと思えば、比較的簡単に辞めることができます。
しかし、正社員派遣は派遣会社と直接雇用の関係にあるため、退職するためには必要な段階を踏まなければなりません。

正社員型派遣は安定した雇用と収入を求める人におすすめの雇用形態

正社員型派遣の特徴について、一般派遣や正社員と比較しながら紹介してきました。

正社員型派遣の最大のメリットは、雇用が安定していることです。
一般派遣のようにいつ仕事がなくなるのか不安になりながら生活することなく、正社員として福利厚生も受けながら安心して働くことができます。

一方で、職場を頻繁に変えなければならない、簡単に辞めにくいなどのデメリットもあります。

これらのことを念頭に置いたうえで派遣企業で働きたいと考える方は、ぜひ検討してみてください。

執筆者について

転職情報かる・けるは、転職や就職を目指している人の「知りたい」に応えるメディアです。 全国61,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://x.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。