転職情報かる・ける転職の教科書転職転職祝いのプレゼントの選び方は?相手別の相場やマナーも解説
転職情報 かる・ける

転職祝いのプレゼントの選び方は?相手別の相場やマナーも解説

お世話になった人の転職が決まったときに、相手に感謝や応援を伝える手段として贈る転職祝いのプレゼント。
花を贈ることもありますが、プレゼントの内容もマナーもさまざまで、何を贈れば良いかわからないと悩む人も多いと思います。

そこで今回は、転職祝いのプレゼントの選び方を、マナーや相場なども含めて相手別にご紹介します。
メッセージの書き方なども解説するので、参考にしながら相手に喜んでもらえるようなプレゼントを用意しましょう。

転職祝いのプレゼントおすすめ6種

転職祝いのプレゼントでは、転職先で使える実用的な物から相手の好みや年代・性別に合わせた物まで、相手に合わせてアイテムを選びやすいジャンルが人気です。
そこで、プレゼントにおすすめのジャンルを6種類紹介します。
相手に「うれしかった」といってもらえるようなプレゼントを選びましょう。

お菓子・ドリンク

お菓子・ドリンク

転職祝いのプレゼントには、焼き菓子やスイーツなどのお菓子やドリンクがおすすめです。
お菓子は日持ちするものも多く、仕事の引き継ぎや新生活の準備で忙しい人でも自分のペースで楽しめるため、やることが多く忙しい転職の相手にも向いています。
ドリンクとセットになっているものもあるので、相手に合わせて選ぶと良いでしょう。

ビジネスグッズ

ビジネスグッズ

転職祝いのプレゼントには、転職先でも役に立つビジネスグッズを贈るのもおすすめです。
名刺入れやカードケースはさまざまな種類があるため、年齢や性別、転職先など相手に合わせて選ぶことができます。
転職先でのイメージが良くなるブランドやデザインのものを選ぶことをおすすめします。

オフィス雑貨

オフィス雑貨

転職祝いのプレゼントには、転職先のオフィスでも使えるペンやマグカップのようなオフィス雑貨を贈るのもおすすめです。
機能性に優れた物も多く、名入れできる物もあるため、特別感があるうえに転職先でも愛着を持って使ってもらえるでしょう。
事務職への転職であれば、上質な素材のUSBメモリやマウスパッドなども実用性が高くおすすめです。

ファッション小物

ファッション小物

転職祝いのプレゼントでは、コインケースや定期入れのようなファッション小物を贈るのもおすすめです。
名入れできる物も多く、コンパクトで常に持ち歩けるため、近しい間柄の人に贈るプレゼントとして良いです。
本革のような上質な素材で、普段自分では買わない少し高価なものから、年代や性別など相手に合ったものを選ぶと特別感を感じてもらえるでしょう。

日用品

日用品

転職祝いのプレゼントには、転職先だけでなく自宅でも使ってもらえるような日用品を贈るのもおすすめです。
転職してすぐは緊張することも多いため、仕事の疲れを癒す意味を込めてバスグッズやアロマグッズなども良いです。
また自分ではあまり買わないような、ハンドクリームなどのビューティ&ヘルスケアグッズも喜ばれるでしょう。

お酒

お酒

転職祝いのプレゼントには、一緒にお祝いもできるお酒を選ぶのもおすすめです。
お祝い用のお酒ではボトルに名入れができて、飲んだあとも飾っておけるようなオシャレなデザインのものもあります。
お酒が好きな相手はもちろん、そのご家族や恋人などの近しい間柄にも喜ばれるでしょう。

転職祝いのプレゼントは相手に合わせて選ぶ

転職祝いのプレゼント選びにおいては、相手との関係性や年代、また転職する理由などによっては失礼にあたることもあります。
せっかくのプレゼントですから喜んでもらえるよう、以下の3つに注意して選ぶと良いでしょう。

転職する相手との関係性

転職する相手と自分との関係性によって、渡す物やプレゼントの金額などを変える必要があります。
例えば、プレゼントを渡す相手が同じ会社の人でも、先輩なのか同僚なのか、また部署や業務上の関係の深さなどでも、選ぶべきプレゼントは変わります。
相手に合わせて渡すアイテムを考慮しないと、失礼にあたることがあるため注意してください。

また、高額すぎるプレゼントは相手に負担を与えてしまったり、小額過ぎると感謝の気持ちが伝わらないということもあります。
相手によって、プレゼントの金額にも配慮が必要です。
ご家族や恋人など近しい間柄であれば、そこまで気負う必要はありませんが、会社の上司など、気遣いが必要な関係性では気をつけましょう。

プレゼントを贈る相手の年齢や性別

プレゼントを贈る相手の年齢や性別によっても、渡す物や金額に気をつけましょう。
例えば20代の相手には、普段使いする物よりも少し高価な仕事道具や、少し贅沢が味わえる日用品なども喜ばれます。
対して、40代では品質の高い仕事道具などは自分で揃えている人も多いため、似たものを持っていないか・好みに沿っているか確認をしたほうが良いでしょう

また男性ならビジネスシーンで使えるもの、女性なら日用品やカタログギフトなど、性別によっても好まれるプレゼントが異なります。
異性の相手にプレゼントを渡す場合は、特に注意が必要です。

転職する理由

転職や退職で会社を辞める人は多くいますが、転職する理由は人それぞれで一概におめでたいこととは限りません。
相手の状況によって、渡す物や言葉に配慮する必要があります。
スキルアップや新しい人生をスタートさせるためなど、ポジティブな転職理由なら応援も込めたプレゼントで問題ありません。

しかしリストラやトラブルなど、ネガティブな理由での転職の場合、応援の気持ちが同情ととらえられてしまうこともあります。
プレゼントを渡すなら感謝や労いの気持ちを込めて贈りましょう。

転職祝いのプレゼントの相場

転職祝いのプレゼントの相場

転職祝いのプレゼントの相場は、渡す側の人数や相手との関係性によって差があります。
複数人で渡す場合は、渡す相手だけでなく、一緒に渡す人たちにも配慮する必要があります。
以下を参考にして、周りの人に失礼にならないよう、喜ばれるプレゼントにしましょう。

先輩・後輩の場合

転職祝いを渡す相手が先輩や後輩など会社の人の場合、複数人で連名にして送ることもあるでしょう。
プレゼントの相場も、個人で送るのか複数人で送るのかによって変わります。

  • 少人数で贈る場合:5,000〜10,000円程度(一人あたり1,000〜2,000円)
  • 大人数で贈る場合:5,000〜20,000円程度(一人あたり500〜1,000円)
  • 個人的に贈る場合:3,000〜5,000円程度

連名で贈る場合は基本的に別に用意する必要はありません。
どうしても個人で贈りたい場合は、連名のプレゼントよりも控えめの金額で用意しましょう。

親族の場合

親族に転職祝いを渡す場合の相場は、会社の人や友人などよりも少し高価になる傾向があります。
同じ親族でも子供か親戚かなど関係性によって多少の差が出ることもありますが、親族の場合10,000〜30,000円程度が相場です。
プレゼントでは実用的で高価なビジネスグッズなどが多く選ばれています。

友人・親しい同僚の場合

転職祝いを渡す相手が友人や親しい同僚の場合、付き合いの深さなどで相場はさまざまです。
個人的に贈るプレゼントの相場は3,000〜5,000円ですが、関係性により10,000円ほどになることもあります。

ただし、高価すぎると相手にお返しなどの負担がかかってしまうため、気兼ねなく受け取れる金額の物にすると良いでしょう。

転職祝いにプレゼントを贈る際のマナー・注意点

転職祝いのプレゼントを贈る際は縁起の悪い物を避けたり、渡すタイミングを考慮する必要があります。
また、メッセージや熨斗を付ける場合は、内容や付け方にも配慮が必要です。
せっかくのプレゼントで相手に負担をかけてしまったり不快感を与えないためにも、以下のマナーや注意点を参考にして喜ばれるお祝いにしましょう。

失礼にあたるプレゼントは避ける

お祝いのプレゼントを贈る場合、年齢や立場によって失礼にあたる物や、一般的に縁起が悪いとされている物もあるため注意してください。
例えば、割れ物やハンカチは「縁が切れる(割れ物)」「手切れ(ハンカチ)」と良くない意味にもとらえられるため縁起が悪く、お祝い事のプレゼントには不向きとされています。

縁起の悪さや風習などを気にしない人でも、渡してしまうことで常識がないと思われる可能性もあるため注意が必要です。
基本的には縁起の悪い物は避けるべきですが、どうしても贈りたいという場合には、縁起が悪いということは承知しているが相手に合うからということを伝えて渡すのが良いでしょう。

プレゼントを贈るタイミング

転職祝いのプレゼントを贈るタイミングは、相手の状況などによっても変わりますが、転職先での初出勤直前は避けて、出勤の2週間前までに渡しておくのが良いでしょう。
しかし、近年は転職先をはっきりと決める前に辞める人も増えているため、転職先が確実に決まってから渡すという人も多いのが現状です。
相手の状況を見ながら、なるべく相手の負担にならないタイミングで渡すようにしましょう。

転職祝いのメッセージや熨斗の書き方

転職祝いでメッセージや熨斗を付ける場合は、その内容や付け方にも配慮してください。
転職相手へのメッセージを書く場合は、以下の順で書くと気持ちが伝わりやすくなります。

  1. 転職に対するお祝いの言葉
  2. これまでの思い出や感謝の言葉
  3. 今後に対する応援の言葉

熨斗をつける際は、以下3つのポイントを押さえておきましょう。

  1. 表書きは「おはなむけ」や「御礼」が一般的
  2. 個人名は水引の下中央に表書きより少し小さめで
  3. 水引は紅白の蝶結び、または赤と金(銀)の印刷タイプ

熨斗の表書きでは、必ずしも前向きな転職ばかりではないため「御祝」は避けるのが無難です。
連名の場合、3名までなら中央に役職や年齢が高い人を書いて他を左に並べ、4名以上なら中央に代表者名を書いて左に「外一同」と記載します。

転職祝いを贈る相手が喜ぶプレゼントをしよう

転職祝いのプレゼントは相手によって選ぶべき内容も金額も違います。
喜んでもらうつもりでも、物によっては失礼にあたる可能性もあるので注意が必要です。

相手の年代や性別、転職理由や自分との関係性などに合わせて選ぶことで、感謝や応援の気持ちを伝えられ、喜んでもらえるプレゼントになります。
この記事で紹介した選び方や注意点などを参考に、相手に合った転職祝いのプレゼントで感謝や応援の気持ちを伝えましょう。

執筆者について

転職情報かる・けるは、転職や就職を目指している人の「知りたい」に応えるメディアです。 全国61,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://x.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。