転職情報かる・ける転職の教科書面接面接で「苦手な人」を聞かれたら?答え方のポイントや回答例を紹介
転職情報 かる・ける

面接で「苦手な人」を聞かれたら?答え方のポイントや回答例を紹介

面接は自分をアピールする大切な場ですが、時には苦手な人に関する質問が出されることもあります。
このような質問に正直に答えることは、自己分析や職場適性を示す大切な機会です。

しかし、どのように回答すれば適切で、面接官に好印象を与えることができるのでしょうか?
そこで本記事では、面接で苦手な人について聞かれた際の答え方や回答例を紹介します。

面接で「苦手な人」を聞く理由

面接で「苦手な人」を聞く理由

まずは、企業の採用面接で「苦手な人」を聞く理由を見ていきましょう。

人柄と価値観を知るため

企業の面接で「苦手な人」を聞くのは、就活生の人柄を見極め、必要な人材かどうかを判断するためです。

面接では長所を聞かれることも多いですが、長所のような質問には事前に回答を用意しているケースも多いため、本音を聞き出すのは難しいと面接官は考えています。
そのため、苦手な人を聞いてネガティブな面から就活生に迫り、性格や価値観を把握しようとしているのです。

苦手な人に対する関わり方を知るため

企業の面接で苦手な人を聞くのは、社内の人とトラブルにならないようにするためでもあります。
トラブルを起こすような人は早期退職する可能性が高いので、採用したくないと考えるのが自然でしょう。

苦手な人との付き合い方や対処法を確認すれば、そのような人と協力できるかどうかを判断できます。
いずれにしても、面接官は「誰とでも協力できるのかを見極めたいと考えている」と思って良いでしょう。

面接で苦手な人を答えるときのポイント

面接で苦手な人を答えるときのポイントを紹介します。

苦手と感じる具体的な理由を伝える

面接で苦手な人を答えるときには、どうして苦手と思うのかを説明できるようにしましょう。
苦手と思う理由の説得力を上げるために、具体的なエピソードを用意するのも方法の一つです。

苦手と思う理由を説明できれば、「この就活生は自己分析ができている」という高評価を得られる可能性もあります。
面接の時間は限られているので、できるだけ端的に「どのようなところが、なぜ苦手なのか」をわかりやすく伝えるようにしましょう。

苦手な人との付き合い方を述べる

面接で苦手な人を答えるときには、苦手な人との付き合い方も交えながら答えましょう。

対処法も含めて回答すれば、苦手なタイプとの関わり方が面接官に伝わり、対応力と高い柔軟性をアピールできます。

ただし、自分の言葉でわかりやすく対処法を伝えることが大切です。
人から聞いた方法や、ありがちな話では説得力がありません。
「自分はどうするのか」を良く考えながら回答するようにしましょう。

自分にも問題があるように答える

面接で苦手な人を答えるときには、自分の反省点や問題点も述べましょう。
反省点や問題点を述べることで、苦手な人に対しても真摯に向き合っている印象を与えられます。

「自分は何も悪くない」というような内容の回答はNGです。
自分にも問題があることを伝えたうえで、自分なりの対処法を伝えるようにしてください。

「苦手な人はいない」は避ける

面接で苦手な人を聞かれた際に、「苦手な人はいない」と回答するのは避けましょう。

人と関わるなかで苦手と感じた人がいないというのは、自己分析不足ととらえられる可能性があります。
面接官に「虚勢を張っている」「準備不足」などと思われる恐れもあるでしょう。

自己PRとの整合性をとる

面接で苦手な人を答える際は、履歴書の自己PRと整合性のある回答を意識するようにしましょう。

面接官は多角的な質問をしながら、就活生の話に一貫性があるかどうかを確認しています。
自己PRとの内容と食い違っていると、面接官の信用を失ってしまう可能性があるので注意が必要です。

苦手な人を答える前に自分の性格を分析し、履歴書の自己PRと矛盾がないようにしましょう。

面接で「苦手な人」を聞かれたときの回答例

面接で「苦手な人」を聞かれたときの回答例

ここからは、面接で「苦手な人」を聞かれたときの回答例を見ていきましょう。

悪口を言う人

私は建設的なコミュニケーションとポジティブな雰囲気を重視するタイプであり、悪口を言う人には苦手意識を持っています。
チームワークや職場の和を大切にする信念も持っており、悪口やネガティブな発言はチームのモチベーションを低下させる可能性があると考えています。

ただ、私はそのような状況に直面した場合でも冷静な判断に努め、解決策を見つけるために努力する所存です。
職場でのコミュニケーションを円滑にするための積極的な関与も心がけ、協力者としての価値を提供する自信があります。

協調性がない人

私は協調性とチームワークを重視するので、協調性がない人が苦手です。
とはいえ、協調性を欠いている人に対しても、対話を通じて相互理解や彼らの視点や意図を把握する努力を惜しまず行います。
協調性のない人とも適切なコミュニケーションを図り、関係を改善しながらチーム全体のパフォーマンスを向上させるために貢献できる自信もあります。

時間にルーズな人

私は時間管理を重視し、効率的な作業を行いたいと考えていますので、時間にルーズな人が苦手です。

自分も完璧な人間ではありませんが、時間管理のスキルを活用してタスクの優先順位を明確にし、余裕を持ったスケジュールを組むことで、予期せぬ遅延やスケジュールの調整に対応できるようにしています。
自分の時間管理能力を徹底的に磨いているので、周囲のメンバーやチームのスケジュールにも配慮しながら、効率的かつ円滑な業務遂行に貢献できると思っています。

ネガティブ発言や否定的な意見が多い人

私はポジティブな考え方や前向きな姿勢を大切にするので、ネガティブで否定的な人は苦手です。

そのような人に直面した場合は、対話や共感を通じて相手の視点や意見を理解する努力を惜しまず行います。
自分自身もポジティブな思考を養うために読書やセミナーに積極的に参加するなど、成長に努めています。

私もネガティブな感情を持つことはありますが、周囲のメンバーに影響を与えることなく、業務の成果に貢献していきたいです。

話を聞かない人

私はコミュニケーションの基本である相手の話を聞くことを重視しているので、話を聞かない人には苦手意識を持っています。

ただし、話を聞かない人に対してはコミュニケーションの場をつくり、相手の意見を引き出す努力を惜しみません。
自分も人から話を聞かないと思われないように傾聴力を磨く努力をし、相手の話に耳を傾けることを心がけています。

相手の意見や考えも尊重し、適切なタイミングで自分の意見を述べるバランスを保つように努めていきたいです。

責任感がない人

私は責任感と信頼性を大切にしていますので、責任感がない人が苦手です。

責任感がない人は苦手ですが、協力やサポートを通じて相手の責任感を引き出す努力もしたいと考えています。
信頼性と責任感を持った仕事の仲間として、組織の目標達成に貢献することができると思っています。

自己啓発や目標設定を通じて、自身の責任感を高める努力も忘れていません。

ルールやマナーを守れない人

私はルールやマナーを守ることが、業務の円滑な遂行や職場の健全な環境を築くうえで非常に重要だと考えています。
そのため、ルールやマナーを守れない人は苦手です。

ただ、ルールやマナーが守れない人に対しては、良好な職場文化を築くために模範となる行動を示して、良い影響を与える努力を惜しみません。
自己成長の一環として、常に最新のルールやマナーを学んでいます。

入社後も職場のモラルやプロフェッショナリズムを高めるために、貢献していきたいです。

高圧的な態度の人

私はコミュニケーションを重視するタイプで、協調性を大切にしています。
高圧的な人に対しては、その強い口調や態度に圧倒されることがあり、自分の意見や考えをうまく伝えられないことがあります。

とはいえ、それを克服するために、コミュニケーションスキルを磨き、相手と対話するなかで自分の意見をしっかり主張する方法を学んできました。
相手の意見を尊重しながらも、自分の意見を的確に伝えるために積極的に質問をしたり、相手の視点を理解しようと努めたりもしています。

そうすることで、円滑なコミュニケーションを図り、効果的なチームワークを築くことができると考えています。

嘘をつく人

私は信頼性と正直さが非常に重要であると考えているので、嘘をつく人は苦手です。
職務においては正直さや誠実さが求められると考えていますし、信頼関係の構築にも真実性が不可欠だと信じています。

嘘をつくような人に対しては、明確なコミュニケーションと建設的な解決策を模索します。
相手の意図や思考を理解し、対話を通じて真実を明確化する努力も必要でしょう。

もちろん、自分自身も正直さを持ち、ミスや誤解を避けるために適切な情報共有を心がけています。

感情的になりやすい人

私は冷静さと客観性を重視するタイプなので、感情的になりやすい人は苦手です。

それでも、感情的になりやすい人とは適切なコミュニケーションを図り、冷静な判断力を持って業務に取り組めると思っています。
相手の意見や感情に対しても理解を示し、穏やかな対話を通じて問題を解決するように努めます。

また、自分が感情的になりそうな場面では一度深呼吸をし、客観的な視点を持つように心がけていきたいです。

面接で「苦手な人」を聞かれることも想定して回答を準備しておこう

面接では、応募者の性格や価値観を判断するために「苦手な人」を聞かれることがあります。
突然の質問に戸惑わないようにするためにも、今回ご紹介した回答の注意点や回答例を確認しておきましょう。

執筆者について

転職情報かる・けるは、転職や就職を目指している人の「知りたい」に応えるメディアです。 全国61,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://x.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。