転職情報かる・ける転職の教科書面接面接と面談の違いは?それぞれの目的の違いなどを詳しく解説
転職情報 かる・ける

面接と面談の違いは?それぞれの目的の違いなどを詳しく解説

面接や面談は、企業が応募者を選考する際によく行われる方法です。
応募する企業によって、どちらのスタイルで採用活動を行っているか変わってきます。

面接と面談では、目的などに違いがあります。
いずれにしても違いや目的を把握して、就活を成功させたいのではないでしょうか。

この記事では、面接や面談の違いやそれぞれの目的を解説します。
就職活動や転職活動に臨む人は、ぜひ参考にしてみてください。

面接と面談の違いとは

面接と面談の違いとは

面接と面談の主な違いは、企業が選考する場か、企業と応募者の情報交換の場であるかということです。それでは細かく見ていきましょう。

面接 面談
立場 企業が応募者を選ぶ立場 企業と応募者が同じ立場
目的 企業が応募者に合否を出す目的 企業と応募者が理解を深める目的
雰囲気 張り詰めた雰囲気 フランクな雰囲気
内容 企業が主導権をもつ内容 双方向のコミュニケーションとなる内容

立場の違い

面接では応募者を選ぶ側の企業と、企業から選ばれる側の応募者という立場の違いが生じます。
面談では、企業と応募者がお互いの希望などを話し合って理解を深めることが目的のため、両者が同じ立場になります。

目的の違い

面接と面談の違いは、話し合ったあとに合否が出るかということです。
面談では応募者と企業が対等に話し合い、理解を深めることが目的となっています。
面接は話し合いのあとに応募者に対して合否を決めますが、面談では互いの理解を深めることを目的としており、合否を決めることはありません。

雰囲気の違い

面接は合否判定を目的としているため、ミスが許されない気持ちになり、張り詰めた雰囲気になりがちです。
面談は相互理解することが目的のため、リラックスした空気感になることが多くなります。

内容の違い

面接は、選ぶ、選ばれるという心理などを反映して、企業が主導権をもって場をリードする内容となることが多いです。
面談は、企業と応募者が相互理解を深めることが主な目的のため、フランクな双方向のコミュニケーションの場として実施されます。

面接と面談、それぞれの目的とは

面接と面談、それぞれの目的とは

面接と面談には、それぞれどういった目的があるのでしょうか。
ここでは、面接と面談の目的を紹介します。

面接の目的

面接は、応募者と企業の採用担当者が、意思の確認や質疑応答などを行うために実施されます。
主に企業の採用担当者が、応募者の性格や意欲、適正や能力を確認することが目的です。

面談の目的

面談は、企業と応募者の相互理解を深めて、お互いの意見や方向性をすり合わせるために行われるコミュニケーションの場です。
適正をチェックしたり、入社意欲を高めたりする目的に行われることもあります。

面接と面談の違いを把握して就職・転職活動を進めよう

企業に就職したり中途採用されたりするためには、事前準備が欠かせません。
採用選考で行われる面接と面談には、立場や目的などに違いがあります。

違いを把握して、しっかりと事前準備していれば、落ち着いて対応できるでしょう。
落ち着いて対応すれば、面接や面談で良い印象を与えて採用される可能性が高まります。

この記事を参考に面接と面談の違いを把握して、就職活動や転職活動で企業から採用されることをめざしてみてください。

執筆者について

転職情報かる・けるは、転職や就職を目指している人の「知りたい」に応えるメディアです。 全国61,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://x.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。