転職情報かる・ける転職の教科書転職35歳での転職は難しい?成功するコツやおすすめの業種を紹介
転職情報 かる・ける

35歳での転職は難しい?成功するコツやおすすめの業種を紹介

「35歳からの転職は難しい」と耳にしたことがあるかもしれません。
30~34歳も同じ30代ですが、なぜ35歳から転職の難易度は上がるのでしょうか。
もちろん年齢だけが転職のハードルを高くするわけではありませんが、35歳での転職を成功させるにはコツが必要なのも事実です。

本記事では、35歳の転職が難しいといわれる理由や企業から求められるもの、転職を成功させるコツを解説します。
35歳の転職におすすめの業種も紹介しているため、自身の働き方に悩んでいる方は参考にしてみてください。

35歳で転職を考える理由

35歳で転職を考える理由

35歳のタイミングで転職を考える理由として、以下の3つが挙げられます。

  • 正当に評価されていない
  • 人間関係がうまくいかない
  • 経営状況の悪化

同世代の転職者がどのようなことに悩んでいるのか、詳しく見てみましょう。

正当に評価されていない

35歳になると社会人歴が長くなり、そのぶん評価をされて昇進する人も増えます。
一方で、結果を出しているにも関わらず、正当に評価されない環境に悩んでいる方も少なくありません。
上司との関係性の良し悪しで評価が決まる場合は特に、モチベーションが下がり、転職したくなる可能性があります。

また、評価制度が自分に合わない場合も、キャリアアップが見込めないことで将来への不安が大きくなり、転職を考えてしまうでしょう。

人間関係がうまくいかない

職場によってコミュニケーション頻度に差はあっても、人間関係はどの仕事においても重要です。
トラブルに巻き込まれたり、同僚や上司と良い関係が築けなかったりすると、働き続けるのが苦痛になります。
なかにはパワハラやセクハラなどのハラスメントに遭い、転職を考える人もいるでしょう。

人間関係がうまくいかないと業務に集中できなくなり、ミスが続くなどの悪影響が出るかもしれません。
ストレスが溜まった結果、体調を崩してしまうケースもあります。

経営状況の悪化

仕事内容や人間関係に不満はなかったとしても、経営状況が悪化して給料が減少した、近々倒産するといった場合、転職もやむを得ないでしょう。
会社の将来が見えないとキャリアが不安になり、モチベーションも保てません。

会社の成長に貢献したくとも、事業縮小やボーナスカットなどの不安材料が多いと、自身のキャリアのためにも転職という選択肢を考えることになります。

35歳から転職が難しいといわれる理由

35歳からの転職が難しいといわれる理由には、以下の4つが考えられます。

適したポジションが少ない

30代になると役職に就き始める人も増えますが、中途採用の人材にいきなり役職を用意できるとは限りません。
転職先の同世代はすでに出世競争の最中にいるため、与えられるポジションがない可能性もあります。

マネジメントしづらいと思われてしまう

35歳で転職すると、採用先の上司が自分より年下になるケースも考えられるでしょう。
この場合、マネジメントしづらい人材と企業から敬遠される恐れがあります。

コストが高い

35歳の人材を採用した場合、新卒よりも高い年収を準備しなければなりません。
特に未経験ともなれば育成コストもかかるため、それなら新卒や第二新卒をとりたいと考える企業もいます。

35歳はある程度経験やスキルを積んでいることから「大手でなければ働きたくない」「年収を下げたくない」など理想が高くなり、転職が難航する場合もあるでしょう。

35歳での転職は未経験でもできるのか

35歳以上での転職が難しい理由はありますが、もちろん不可能ではありません。
35歳から未経験の業界に転職する場合は、マネジメント能力やコミュニケーション力、交渉力など、男女問わずどのような仕事にも通用するスキルが重宝されます。

さらにライバルと差別化できる資格を取得したり、企業の求める能力をピンポイントでアピールしたりすると良いでしょう。

35歳の転職に求められるもの

35歳の転職に求められるもの

企業側が35歳の人材に求めるのは、即戦力です。
35歳の多くは社会人経験を10年以上積んでおり、一から教育しなくても良いと判断されます。
相応の実績やスキルを持っていれば、転職できる可能性も高くなるでしょう。

転職後に即戦力として活躍できる場合、役職に就ける可能性もあります。
このため、マネジメントスキルをアピールするのも効果的です。

会社の売上などに貢献できる、実用的な資格を持っているなど、35歳の転職では企業にメリットをもたらすことを期待されているといえるでしょう。

35歳の転職を成功させるコツ

35歳の転職を成功させるコツとして、以下の3つを紹介します。

  • 自己分析をする
  • スキルを活かせる職場を選ぶ
  • 同じ職種に転職する

それぞれのポイントを詳しく見てみましょう。

自己分析をする

転職活動において自己分析は欠かせない工程の一つですが、35歳の転職ではより力を入れることをおすすめします。
新卒のようにやる気やポテンシャルで採用されるわけではなく、即戦力としてのスキルや経験をしっかりとアピールする必要があるからです。

そのためにも、スキルやキャリアの棚卸しは入念に行いましょう。
ただし、自分の強みをやみくもにアピールしても評価にはつながりません。
企業が求める人材を理解したうえで、それに合致するスキルを伝える必要があります。

スキルを活かせる職場を選ぶ

前述したとおり、35歳の人材を採用するとき企業は即戦力を期待しています。
つまり自分のスキルを最大限活かせる職場を選ぶことで、転職活動は成功しやすくなるともいえるでしょう。

スキルを活かすためには、企業からのスカウトを受けるのも一つの方法です。
転職サイトのなかにはスカウト機能がついたものもあり、自分の経験やスキルを登録することでそれを評価した企業側からスカウトが届きます。
スカウトされた企業の傾向から、自分の市場価値をチェックできるのもメリットです。

同じ職種に転職する

「未経験の職種に挑戦したい」というこだわりがある方でなければ、経験のある職種を選んだほうが転職はスムーズに進みやすくなります。
転職前に身につけた知識やスキルが活かせるため、キャリアアップ・収入アップの近道になる可能性もあるでしょう。

業界を変えたとしても、職種は同じほうが仕事内容に慣れるまで早く、即戦力となれます。

35歳で転職しやすい業種

35歳の転職に求められるもの

35歳~40歳の方にとって転職しやすい業種を選ぶという方法もあります。
例えば慢性的な人手不足が叫ばれている医療業界や介護業界は、高齢化社会が続く以上、今後も需要が高まり続けるでしょう。

またコロナ禍の影響で需要が急激に拡大した業種として、IT業界が挙げられます。
製造業界や物流の倉庫管理、警備員なども、未経験の方が転職しやすい業種です。

ニーズと安定性があって業績が伸びている、または人手不足の分野は活躍のチャンスが多くあるといえます。
転職したいものの働き方に悩んでいる場合、上記のような分野を選択肢に入れてはいかがでしょうか。

求められるものを理解して35歳の転職を成功させよう

35歳で転職するからといって、転職の難易度が明確に上がるわけではありません。
しかし、より若い世代の育成に時間をかけたいという企業であれば、年齢を目安にしている可能性もあります。
また「大企業でなければ嫌」「35歳の平均年収を上回りたい」など、転職の理想が高くなっていないかにも注意が必要です。

35歳の転職を成功させるには企業に求められるものを理解し、自身のスキルを最大限発揮できる職場を見つけることが大切になります。
自分の市場価値をふまえてニーズに合わせた企業を選べば、転職は成功するでしょう。

執筆者について

転職情報かる・けるは、転職や就職を目指している人の「知りたい」に応えるメディアです。 全国61,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://x.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。