転職情報かる・ける転職の教科書転職40代で転職はできる?転職を成功させるポイントを徹底解説!
転職情報 かる・ける

40代で転職はできる?転職を成功させるポイントを徹底解説!

40代でも転職はできます。
本記事では、転職をしたいものの、リスクを考えるとなかなか一歩が踏み出せない方のために、40代の転職の現状と、成功させるためのコツをご紹介します。

「40代で転職はできるのか」
「40代での転職は不可能とまではいかないものの、かなり厳しい道のりになるのではないか」

上記のような悩みを抱いている方は、ぜひ参考にしてください。

40代での転職は難しい?

40代での転職は難しい?

40代での転職は、下記のような理由により、20代や30代に比べると簡単ではありません。

  • 40代を対象とした求人数が少ない
  • それなりのスキルやキャリアがないと選考を通過しにくい
  • 若手のような柔軟性がなく、扱いにくいと判断されやすい
  • 自分よりも年上の部下を持つことに抵抗がある
  • 給料面でのこだわりがあると転職が難しくなる
  • 未経験者歓迎の求人は30代以下を想定している場合がある

これからの伸びしろを加味して若手の採用を積極的に行う企業であれば、40代での転職は厳しいというのが現状です。
「未経験歓迎」といった求人も、20代〜30代の若手を採用して一から育てたいというケースもあるため、40代は採用されない可能性が高いでしょう。

40代になるとある程度社会経験があるため、前職の考え方が強く根付いていたりすると扱いづらいという印象があるのも事実です。
採用担当者が、20代や30代などと若い場合は、自分よりも年齢の高い部下を持つことに抵抗を感じる場合もあります。

しかし、希望している業界での経験が長く、スキルがあるという場合は、40代での転職を有利に進められる可能性があります。
これまでのスキルやキャリアを活かすことで、転職のチャンスをつかみましょう。

40代の転職で求められるスキル

40代の転職で求められるスキル

40代になると「転職が難しくなる」と先述しました。
しかし、職務経歴書や面接でしっかりと経験やスキルをアピールすることで、転職に成功する可能性は大いに高まります。
この記事では、40代の転職において求められるスキルをご紹介します。

マネジメント力

マネジメント力とは、部下やチーム、環境やお金などの経営資源を管理する能力のことを指します。
マネジメント力は基本的にどの企業においても求められる汎用性の高いスキルです。

マネジメント力とひと言にいっても多様なスタイルがあります。
具体的には以下のようなものです。

  • 目標を設定する力
  • 目標を伝達する力
  • 目標に向けて進捗を管理する力
  • 部下やプロジェクトチームの状況を把握し能力を引き出す力
  • 業務を遂行する力
  • 状況の分析力・判断力

企業が求めているマネジメント力を期待できる人材であれば、異業種であっても採用につながる可能性があります。

即戦力

企業は40代を採用する際、即戦力になるかどうかを重視する傾向があります。

そのため、志望する企業における経験や専門知識がある場合は、有利に選考を進めることができるでしょう。
さらに、マネジメント経験や新規事業の立ち上げ、売り上げへの貢献、実績などがあれば、即戦力としてアピールする際の強みになります。

一方、未経験の職種へ転職をめざすのなら、40代は不利になる傾向があります。
40代では経験と知識があって当然とみなされるため、未経験は即戦力にならないと判断されるためです。
いくらマネジメント能力に優れている人でも、未経験の職種では指示やサポートができず、管理職としての経験を活かすことが難しくなります。

ただし、新規事業の立ち上げなどを背景とした異業界、異職種への転職は増加傾向にあります。
これまでの自分の経験やスキルを活かせる企業も異業界、異職種にあるということです。
職種や業界に固執することなく、自分にあった企業への転職を考えてみましょう。

適応力や柔軟性

40代で転職をすると、転職先の会社では年下が上司として働いていることもあるため、うまく馴染めるかがポイントとなります。

経験やスキルのアピールは必要ですが、「すべて一人でこなせます」といったニュアンスの表現を用いると、「協調性のない扱いにくい存在」というレッテルを貼られてしまう可能性もあるため気をつけましょう。

また、転職回数が多い場合も、新しい環境に馴染めない「柔軟性や適応力に欠ける人」と判断されてしまう可能性があります。
転職回数が多い場合、面接官を納得させられる正当な理由を用意しておくと良いでしょう。

向上心

40代でも転職が成功する人は、常に「新たなスキルを習得しよう」という積極性や向上心のある人です。
転職先で働くうえで、何を勉強したら自分のキャリアに活かせるのかを考え、資格の取得にチャレンジすると良いでしょう。

新たな知識やスキルの取得によって、自分の市場価値が高まりキャリアチェンジに活かせます。

企画力・提案力

優れたアイデアを具体的に実現できるレベルまで落とし込む「企画力」と、企画内容を聞き手側にわかりやすく伝える「提案力」を兼ね備えていると、転職先の企業でも重宝されるでしょう。
下記のような人が、企画力がある人の特徴としてあげられます。

  • 常に情報収集をしている(トレンドに敏感)
  • 幅広い人脈がある
  • ひらめいたアイデアのメモをとる

これらをふまえたうえで、今までのキャリアのなかでどういった企画や提案をしてきたか、成果を出した経験などもアピールしましょう。

転職を40代で成功させるポイント

転職を40代で成功させるポイント

40代でも自分の強みを活かしたり、市場価値を正確に分析することで転職を成功させることができます。
転職を成功させてキャリアを形成していくためには、以下で紹介するポイントをしっかりと押さえることが重要です。

自分の強みを明確にする

40代は多くの経験を積み上げてきたぶん、自分の強みを伝えるのが難しい傾向にあります。
そこで、転職活動を機に自分のこれまでの経験を整理し、自分の強みと、今後のキャリアプランを明確化しましょう。

強みを明確化すれば、志望企業のニーズに合わせたアピールができるようになり、他の40代の志望者と差をつけられるでしょう。

自分の市場価値を知る

自分の市場価値を知ることで、これまでの経験やスキルが企業にどのように評価されるかを知ることができます。
市場価値を知るためには、転職サイトや転職エージェントへの登録がおすすめです。

転職サイトを利用することで、「どのくらいのポジションにつけるのか」「年収はいくらくらいもらえそうか」などを把握できるほか、「自分の強みだと思っていたスキルに需要がない」「意外な経験が高く評価される」など新たな発見もあります。

理想のキャリア像を描く

自分が理想とするキャリア像を明確にすることで、転職理由や志望動機が考えやすくなります。
理想のキャリア像とは、「年収をあげたい」「管理職に就きたい」「将来独立するためのスキルを身につけたい」などがあげられます。

理想のキャリア像が明確になったら、どうすればそれに近づけるのかを考え、実現に向けて資格取得など行動に移しましょう。

志望する企業について徹底的に調べる

志望する企業についてよく調べることで、企業が求める人材像がわかります。
企業が求める人材像がわかれば、それに応じたアピールをすることができるので、選考を有利に進められるでしょう。

また、企業に対する理解度は、面接担当者が応募者の熱意を図る際の指標でもあります。
志望動機を聞かれた際に、「なぜ他の企業ではなくこの企業なのか」を答えられる状態にしておきましょう。

転職をポジティブにとらえる

前職の退職理由はポジティブな内容を伝えましょう。
人間関係や業務内容などの不満があって前職を退職した場合も、面接の際にそのまま伝えると、面接官にあまり良い印象を与えません。

たとえば、人間関係への不満であれば「チームワークを発揮できる職場で働きたい」、業務内容についての不満なら「スキルを活かしたい」など、ポジティブな表現に変換することで印象が良くなります。

年収に固執しない

転職先を選ぶ際は、年収に固執し過ぎず、業務内容や企業風土など、さまざまな条件をチェックしたうえで総合的に判断するようにしましょう。
年収を重視するあまりほかの条件をおざなりにしてしまうと、転職後にスキルを活かせなかったり、会社の雰囲気になじめないなどの問題が起こることがあります。

40歳での転職は可能!自分のスキルや強みを活かして転職を成功させよう!

40代での転職は、20代や30代に比べると厳しい傾向にあります。
ですが、自己分析や企業研究をしっかりと行い、自身の経験と企業の需要がマッチしていることをうまくアピールできれば、有利に転職活動を進めることができるでしょう。

執筆者について

転職情報かる・けるは、転職や就職を目指している人の「知りたい」に応えるメディアです。 全国61,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://x.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。