転職情報かる・ける転職の教科書転職転職のやり方|20代向けの始め方や進め方をわかりやすく解説
転職情報 かる・ける

転職のやり方|20代向けの始め方や進め方をわかりやすく解説

20代で転職を考えたとき、「無事に転職できるかが不安」「転職活動のやり方をあまり理解できていない」など、壁に突き当たることがあります。
20代は社会人経験がまだ少なく、転職活動が初めての方もいるかもしれません。
満足のいく転職を実現させるには、いきなり企業へ応募するのではなく、いくつかの準備が必要です。

本記事では、20代で転職活動を考えたときの始め方・進め方を解説します。
20代は比較的転職しやすいものの、企業選びで失敗したり活動期間が長引いたりといったトラブルを防ぐためにも、転職の基本をおさえたうえで行動に移しましょう。

20代の転職活動の始め方

https://www.photo-ac.com/main/detail/24003701

20代が転職活動を始めるやり方として、まずは以下の2ステップが必要です。

  • 自己分析をする
  • 企業について調べる

どのような作業が必要なのか、それぞれ詳しく見ていきましょう。

自己分析をする

自己分析を行い、自分の経歴や実績、スキルを今一度棚卸ししてみてください。
20代の場合、職歴や社会人経験はまだ多くないかもしれませんが、前職・現職で身についたものを分析することで自分の強みが見えてきます。

これまでの経験で得られたものと同時に、転職先ではどのように活躍したいのかも、しっかりと考えてみましょう。
このとき、応募企業の求める人材とマッチしている部分を見つけることも大切です。

自己分析をする際は、マインドマップを書き出してみると情報を整理しやすくなります。
マインドマップとは、好きなものや苦手なもの、がんばってきたことなどについて、連想される自分の思考をクモの巣状に書き出す自己分析の手法です。
20代は社会人経験がまだ浅いことから、学生時代の経験などを分析要素に加えても問題ありません。

企業について調べる

20代の転職を成功させるには、企業研究が欠かせないといえます。
新卒の就職活動では、エントリー後に説明会へ参加できるなど、企業への理解を深めるプロセスが準備されていました。

しかし、中途採用の場合は応募後すぐに採用試験や面接へ進むため、あらかじめ自分で企業について調べて、良し悪しを見極める必要があります。
求人情報を調べるほか、公式ホームページを確認する、合同説明会に参加するなど、企業研究の方法はさまざまです。

また、新卒・第二新卒採用と中途採用では市場が異なるため、これまで目を向ける機会のなかった業界や職種のことも調べてみましょう。
視野を広げることで、自分のやりたいことや転職活動の軸が定まる可能性もあります。

20代から未経験への転職を考えている方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

20代の転職活動の進め方

20代での転職活動のやり方がわかったら、次の順序で行動に移しましょう。

  • スケジュールを立てる
  • スケジュールの内容に沿って行動する

現職で働きながら転職活動をするのか、辞めてから始めるのかによっても、スケジュールは変わってきます。
自身の状況に合わせて、次にやるべきことを整理してみてください。

スケジュールを立てる

転職活動で満足のいく結果を得るには、きちんとスケジュールを立てることが重要です。
まずは、現在の職場で働きながら転職活動を進めるのか、辞めてからスタートさせるのかを決める必要があります。

働きながら転職活動を行う場合、安定した収入が入り続ける、納得するまで転職活動に時間をかけられる、退職の引き止めに遭いにくい、などがメリットです。
一方で、情報収集や面接にかける時間を確保しにくい、業務の引き継ぎや入社・退社手続きなど、やるべきことが多い点はデメリットでしょう。

辞めてから転職活動を始める場合は時間の融通が利くため、複数社の面接に対応しやすい、新たなスキル・資格取得の時間を作れる、などがメリットに挙げられます。
対するデメリットは、収入が途絶える焦りで条件を妥協しやすくなる、失業期間が長引くと応募先からの印象が悪くなる場合がある、といった点です。

どちらも一長一短といえるため、自身の性格や私生活の状況、貯蓄とも相談しながらスケジュールを立てるようにしましょう。

スケジュールの内容に沿って行動する

転職活動にかかる期間は、通常3ヵ月程度とされています。
この期間をふまえて、以下の3ステップをスケジュールに組み込みましょう。

  • 求人を探す・応募する
  • 履歴書・職務経歴書を作成する
  • 面接を受ける

ステップごとにポイントを解説します。

求人を探す・応募する

興味のある求人を探すところから、転職活動は始まります。
ただし「人と関わる仕事がしたい」「事務職に就きたい」のように、ぼんやりとした条件では数多くの求人が当てはまってしまうでしょう。

このため、自分の求める条件をできる限り具体的にして、仕事内容はもちろんのこと待遇や福利厚生、企業理念など、さまざまな観点で企業をチェックする必要があります。
自分のスキルをどのように活かせるか、将来どのようなキャリアを築きたいのかも明らかにしたうえで条件にマッチする求人を探し、応募へ進んでください。

履歴書・職務経歴書を作成する

履歴書では志望動機、職務経歴書ではスキルなどのアピールしたいことに力を入れましょう。
志望動機を作成する際は、自分がやりたいことと同時に、自分を採用することで企業側が得られるメリットも伝えられるとベストです。

なお、企業によって求める人材像は異なるため、志望動機を他の企業の履歴書に流用するのは好ましくありません。
熱意を伝えるためにも、志望動機は企業に合わせて書くことが大切です。

また、20代は社会人経験が少なく、職務経歴書の内容に悩む方もいるでしょう。
しかし、たとえ小さな実績であったとしても、それまでに努力したプロセスや自分なりに工夫したことなどを盛り込めば、十分魅力的な内容になりえます。
成果をアピールする際には、具体的な数字を使って説得力を持たせましょう。

面接を受ける

書類審査に通過したら、面接に向けて対策を練る必要があります。
面接官からの質問に対する受け答えだけでなく、社会人として敬語の使い方やビジネスマナーもおさえておかなければなりません。

なお、20代では経験や実績が少なくて当然ととらえる企業もあり、熱意やポテンシャルの高い人を求めている可能性があります。
成長意欲や、企業へどのように貢献していきたいかを、存分にアピールすると良いでしょう。

なかでも第二新卒の場合、面接官は長く働いてくれる人材かを見極めようとします。
退職理由や入社後のキャリアプランは矛盾のないように一貫性を持たせ、「この企業であれば自分の強みを活かして長く働ける」とアピールすると効果的です。

以下の記事では20代の転職方法を男女別に解説しています。

興味のある方は参考にしてみてください。

20代の転職のやり方を知ってチャンスにつなげよう

20代での転職は慣れないことも多く不安かもしれませんが、正しいやり方を知ったうえで行動に移せば、理想の仕事やキャリアアップに近づくことも可能です。
転職のチャンスを逃さないためにも、自己分析と企業研究をしっかりと行い、応募企業に合わせたアピール度の高い履歴書・職務経歴書を作成しましょう。

現在の職場で働きながら転職活動をするのか、辞めてからにするのかによっても進め方は違ってきます。
焦って企業に求める条件を妥協してしまわないよう、しっかりスケジュールを組んで計画的に転職活動を進めましょう。

執筆者について

転職情報かる・けるは、転職や就職を目指している人の「知りたい」に応えるメディアです。 全国61,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://x.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。