転職情報かる・ける転職の教科書転職転職時の重要なスキルは?企業が求める人材だとアピールする方法
転職情報 かる・ける

転職時の重要なスキルは?企業が求める人材だとアピールする方法

転職の面接を受ける前には、持っているスキルや自己アピールを準備します。
しかし、転職するにあたって、何のスキルを身につけたら良いか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

この記事では、転職時に重要となるスキルや、それらスキルの習得方法、アピールの仕方などを解説しており、転職を成功させるための準備が整うでしょう。
転職する際に有利となるスキルや勉強しておくべきことを知りたい方は、参考にしてみてください。

転職の際に重要なスキルや能力とは?

転職の際に重要なスキルや能力とは?

転職の際に必要なスキルはさまざまで、代表的なスキルや能力は以下のとおりです。

  • コミュニケーションスキル
  • プロジェクトマネジメントスキル
  • 専門の技術力
  • 問題解決能力
  • 交渉力
  • 接客スキル
  • 英語力

コミュニケーションスキル

転職時に重要視されるスキルに、コミュニケーションスキルがあります。
コミュニケーションスキルとは、自分の考えを相手に伝え、相手の考えていることを聞き出し理解するスキルで、仕事に欠かせないものです。

仕事を一人で行うことは稀で、社内外のいろんな人が関わっています。
めざす結果を出すために、関わる人たちのニーズやノウハウ、スキル、考え、思いなどを結果としてアウトプットする必要があり、その基本となるのがコミュニケーションスキルです。

プロジェクトマネジメントスキル

プロジェクトマネジメントスキルとは、プロジェクトのゴール達成に向けて円滑に進めていくスキルです。
プロジェクトマネージャーは自分の業務を遂行しながら、社内外のプロジェクトメンバーの進捗管理を行い、適宜指示や調整の役割を担います。

企業では大小さまざまなプロジェクトが進行しているため、プロジェクトマネジメントスキルを有した人材のニーズは高く、転職者に求められる重要なスキルです。

専門の技術力

コンピューターリテラシーはこれからのIT化社会には必須で、Microsoft WordやExcel、Googleドキュメントやスプレッドシートを使用できるスキルは不可欠です。
また、専門職に転職を志望する場合は、専門の技術力も欠かせません。

デザイン系であれば、PhotoshopやIllustratorの使用経験を求められたり、広告の校正業務であれば、校正技能検定の資格を求められたりします。

問題解決能力

どのような業務や職種でも、仕事を進めるうえで問題解決能力は重宝します。
問題解決能力とは、目標を達成するための問題点を見極めて原因を分析し、原因に応じた対策の立案、実行を行う能力です。

目標達成のための解決策として、人員の割り振りや予算の再調整、スケジュールの変更などを強いられる場合もあります。
あくまでも問題の原因を解決するための施策であり、対策を実行して問題が解決しているかを常にチェックし、進捗が悪ければ軌道修正もしなければなりません。

交渉力

仕事は、社内外のさまざまな人が関わり成り立っています。
つまり、仕事相手との意見や価値観の相違は常に起こり、そのたびに交渉が必要です。
交渉力とは、仕事相手とお互いが納得できる落とし所を見つける能力であり、仕事をするうえで必須の能力として求められます。

前述の問題解決においても、割り振った人員へ仕事を依頼したり、予算を獲得したり、スケジュールを調整したりするうえで交渉力は重要なスキルです。

接客スキル

ホテルや旅館などの宿泊業や小売店などの販売業、飲食店などのサービス業では、接客スキルが必要です。
また、「接客スキル=対人スキル」ととらえると、働くすべての人に求められるスキルになります。

接客スキルが高いと社内外の人との対人関係を築く能力が高く、電話対応をスムーズに行えたり、クレームに対して適切に対応できたりと、あらゆる仕事で重宝されるでしょう。
一方で接客スキルは、経験によって獲得できる能力でもあるため、接客業の経験が有利に働くときもあります。

英語力

英語力は、企業や業種によって必要の度合いが異なります。
しかし、英語力が高いに越したことはなく、求人の選択肢が増えたり、年収が上昇したりとメリットになるスキルです。

また、英語力を測る指標はさまざまで、以下のようなものがあります。

  • TOEIC
  • TOEFL
  • IELTS
  • Linguaskill Business
  • 実用英語技能検定
  • 日商ビジネス英語検定

英語力をアピールしたい人は、目的に合わせた資格を取得しておくことがおすすめです。

【年代別】転職で重視されるスキル

【年代別】転職で重視されるスキル

転職で求められるスキルは年代によって異なりますが、基本となるスキルは以下の2つに大別されます。

ポータブルスキル どのような業界や業種でも必要とされる汎用性の高いスキル
● コミュニケーションスキル
● 問題解決能力
● 交渉力
● 接客スキル
● 英語力
テクニカルスキル 仕事を行うための専門的な知識や技術
● プログラミング
● デザイン
● 医療系知識

20代で求められるスキル

20代に求められることは、基礎学力や素養を表すポテンシャルと、仕事に対する価値観や考え方を意味するスタンスです。
求められるスキルに関しては、テクニカルスキルよりもポータブルスキルの比重が高くなる傾向にあります。

つまり、コミュニケーションや課題に対する考え抜く力、計画立案し実行する力、上司から出された指示への対応力、新たな企画の提案力など、社会人としての基本的な能力が20代に求められるスキルです。

30代で求められるスキル

30代では即戦力となる働きが求められ、ポータブルスキルは基本とし、テクニカルスキルの比重がより高くなる傾向にあります。
またテクニカルスキルは職種によって異なり、職種ごとでより専門的なスキルが必要です。

具体的には、営業職であれば「交渉力」「問題解決力」「提案力」、人事系であれば「人事や労務の知識」「中長期視点での問題解決力」などがあります。

また、30代では組織をマネジメントするポストの募集もあるため、マネジメント力も評価ポイントです。
目の前の課題を組織として解決していくために、自らの言葉で説明し、チームメンバーを納得させ、行動させる力が必要となります。

40代で求められるスキル

40代には、マネジメントスキルと専門知識に加えて、視座の高さや視野の広さも求められます。
マネジメントスキルは前述のとおりですが、30代よりも範囲が広がる可能性があるため、俯瞰して物事をとらえる力が必要です。

具体的には、所属部署の戦略を立案する際にも、経営環境の変化だけでなく外部環境の変化を見据えなければなりません。
また、立案した戦略を実行するための企画や仕組み作りなど、組織を動かす力が求められます。

転職に必要なスキルの身につけ方

転職に必要なスキルの身につけ方

転職に必要なスキルを身につける方法は、以下のとおりです。

  • 資格を取得する
  • セミナーや交流会に参加する
  • 現場での実務経験

資格を取得する

めざしている職種で必要な資格を取得することが大切です。
資格を取得する方法は、独学やスクールに通うなど、自分に合った方法を選択します。

一般的に、ビジネスシーンで重要視されやすい資格は以下のとおりです。

  • MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
  • NLP(神経言語プログラミング)
  • PMP(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)
  • 中小企業診断士
  • ビジネス実務マナー検定

セミナーや交流会に参加する

スキルを身につけるために、セミナーや交流会に参加する方法もあります。
セミナーは、自社で実施していたり、外部委託していたりと会社によって異なりますが、自ら手を挙げて積極的に受講することが大切です。

また交流会への参加は、いろいろな業種の初対面の人と、自分の言葉でコミュニケーションを取らなければならないため、基本的なスキルを身につける場となります。

現場での実務経験

何より大切なことが、現場での実務経験です。
目の前の仕事を一つずつ丁寧に行い、積み上げていくことが、経験値を高めることにつながります。

また、従来のやり方ではなく新しいやり方に挑戦したり、自分のレイヤーより一つ上の立場から俯瞰して見たりすることも重要です。
挑戦すると工夫して仕事に取り組むようになり、俯瞰して見ると上司の立場から仕事を見られるようになり、視座が高くなり視野が広がります。

転職時にスキルを上手にアピールする方法

転職時にスキルを上手にアピールする方法

自身で取得したスキルを面接でうまくアピールしなければ、相手に伝わりません。
上手にアピールする方法は、以下のとおりです。

  • キャリアの棚卸しをして言語化する
  • 求人の目的に合わせてスキルを選ぶ
  • 履歴書や職務経歴書を充実させる
  • 「STAR」を利用してスキルを伝える

キャリアの棚卸しをして言語化する

まずは自身のキャリアを棚卸しして、明確に言語化します。
棚卸しでは、「どのような仕事に取り組んできたのか」「担っていた役割」「意識していたこと」「何を考え感じたのか」という切り口で振り返ると、自分のスキルが見えるようになるのでおすすめです。

言語化するためには、「STARフレーム」を利用します。

  • S(Situation):どのような状況で
  • T(Task):どのような課題があり
  • A(Action):どのような行動をして
  • R(Result):どのような成果が得られたのか

STARフレームに当てはめてエピソードを整理すると、言語化しやすく相手にも伝わりやすくなるでしょう。

求人の目的に合わせてスキルを選ぶ

保有しているスキルから、求人の目的に合わせてアピールするものを選びます。
実際の転職活動では、志望する企業や職種、ポジションによって求められるスキルが異なるため、求人情報から何が求められているかを読み解くことが重要です。

また求人の目的は、新規事業立ち上げや事業拡大、欠員補充などでも違います。
募集内容から応募者に何が求められているかを読み取り、伝えるべきスキルを選びましょう。

履歴書や職務経歴書を充実させる

伝えるべきスキルを選んだら、履歴書や職務経歴書を充実させます。
充実させるためには、転職先で活かせるスキルや、それを活用した経験を簡潔に書くことが大切です。

成果や実績は、具体的数字で表現すると、相手にも伝わりやすくなります。
書類審査で重要となる履歴書や職務経歴書の内容を、言語化したキャリアに基づいて充実させましょう。

「STAR」を利用してスキルを伝える

スキルを伝える際にも「STAR」フレームを利用しエピソードとして伝えます。
具体例は、以下のとおりです。

【状況】
新製品立ち上げのために、部門横断プロジェクトが発足し、プロジェクトリーダーに任命されました。

【課題】
新製品の知識は十分であったが、顧客に届けられる価値や目標数字、広告戦略などでメンバーの考えがバラバラであり、統一されている状態をめざす必要がありました。

【行動】
プロジェクトメンバーのマインドを揃えるための会議を企画・実行しました。
内容は、新製品の企画担当者や開発担当者から、社会のどのようなニーズに対して新製品を開発したのか、企画部から新製品の到達目標や広告戦略、最後に社長から新製品と当プロジェクトに対する期待を語ってもらい、メンバーのマインドセットに成功しました。

【成果】
新製品発売後の3ヵ月、6ヵ月、1年の進捗は、いずれの時点でも目標120%以上を達成しました。

転職で役立つスキルを身につけうまくアピールしよう

転職する企業や職種、募集目的によって、求められるスキルやレベルは異なります。
書類審査や面接では、企業が求めているスキルに対して、自分が保有しているスキルをマッチさせてアピールできるかが重要なポイントです。

また、スキルを取得するためには、必要な資格を取得したり、セミナーに参加したり、現場での実務経験値を高めたりと、常に学び続けなければなりません。
日々学び、転職で役立つスキルを身につけてうまくアピールしましょう。

執筆者について

転職情報かる・けるは、転職や就職を目指している人の「知りたい」に応えるメディアです。 全国61,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://x.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。