転職情報かる・ける転職の教科書退職退職と退社の違いは?それぞれの意味や使用場面も説明
転職情報 かる・ける

退職と退社の違いは?それぞれの意味や使用場面も説明

勤務先を辞めるという意味で、退職と退社の2つの言葉を耳にする人は多いのではないでしょうか?
似た言葉ですが、正しく使用しなければ相手を困惑させてしまったり、恥ずかしい思いをしたりするケースがあるかもしれません。

この記事では、退職と退社の違いについて説明しています。
それぞれの使用場面も説明しているので、ぜひ参考にしてください。

退職と退社の違い・意味は?

退職と退社の違い・意味は?

退職と退社は似ている言葉で、両方とも「勤めている職を辞める」ことを意味します。
ただし、退社は勤めている職を辞める意味に加えて、「その日の勤めを終わらせて勤務先から退出する」といった意味もあります。

勤め先を辞める場合は、退職でも退社でも間違いではありません。
しかし、退社には勤めを終わらせて勤務先から帰るといった意味もあるため、退社を使用することで相手を困惑させてしまう可能性もあります。

意味が似ている言葉でも、使用方法を間違えてしまうと相手の誤解を生む可能性があるので、退職と退社の正しい使用方法を理解しましょう。

「退職」「退社」この場面ではどちらを使う?

退職と退社は、使う場面を間違えてしまうと相手を困惑させる原因となりえます。
それぞれを使用する代表的なシーンを紹介しているので、トラブルを起こさないためにも確認しておきましょう。

帰宅したことを上司に伝えるとき

自分の仕事を完了して自宅に帰る場合は、退社を使用しましょう。

退職は仕事を辞めるという意味しか持たないため、この場面では使えません。
また、ただ「退社いたします」と伝えても、退社に勤務先を辞めるといった意味が含まれているため誤解される可能性もあります。

そのため、仕事を完了して先に帰る際の連絡は「本日は〇〇時に退社いたしました」のように、退社の言葉と同時に時間を伝えるのがベターといえます。
そうすれば、勤務先を辞めたのではないかと思わぬ誤解を生む心配もないでしょう。

履歴書に経歴を記入するとき

履歴書の経歴に勤務先を辞めたことを記入する場合は、退職と退社のいずれを記入しても間違いではありません。
退職と退社はどちらも勤務先を辞める意味を持つためです。

ただし、退社には仕事を完了して帰るという意味も含まれるため、履歴書の経歴欄に勤務先を辞めたことを記載する場合は、退職と記入するほうが望ましいといえるでしょう。

会社を辞める際の挨拶メール

勤務先を辞める際の挨拶メールも、退職と退社のいずれを使用しても間違いではありません。
とはいえ、履歴書の経歴欄と同じ理由で、退職を使用するのが望ましいです。

勤務先を辞める際は、お世話になった方々に挨拶をするのがマナーです。
勤務先を辞める際の挨拶は、メール以外にも直接訪問して挨拶をするケースもありますが、いずれの方法であっても退職と伝えるのが望ましいといえます。
特に口頭で伝える場合、退社という言葉を使用すると相手を勘違いさせてしまう可能性があるでしょう。

勤務先を辞める際の挨拶メールでは、退職を使用するのがおすすめです。

退職メールについて詳しく知りたい方は、下記の記事を参照してください。

退職と退社の違いを正しく理解して適切に使おう

紹介したとおり、退職と退社はどちらも勤務先を辞めるという同じ意味を持ちます。
しかし、退社は仕事を完了して帰るという意味も持つため、使用方法を間違えてしまうと思わぬ誤解を生み、相手を困惑させてしまいかねません。
また、間違った情報が流れてしまう可能性もあります。

それぞれの正しい意味を理解して、場面にあった適切な表現を使用しましょう。

執筆者について

転職情報かる・けるは、転職や就職を目指している人の「知りたい」に応えるメディアです。 全国61,000件以上の求人を扱う弊社スタッフが、編集部として情報発信! “いい仕事が見つかる・いい仕事を見つける”ための、有益なコンテンツをお届けします。 https://x.com/karu_keru

いいねと思ったらシェア
見つかる・見つける かる・けるとは?

かる・けるは、医療介護の仕事を探せる求人情報サイト。あなたに合った医療介護求人が見つかります。すべてのお仕事情報は、勤務地、年収や月収などの給与、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託などの雇用形態、施設のサービス形態といった条件で検索でき、希望に合う求人を簡単に探しやすいのが魅力です。就きたいお仕事が見つかったら、そのまま応募も可能。応募はダイレクトに求人掲載事業者に届くので、スピーディかつスムーズに進みます。医療介護分野での就職はもちろん、転職、復職の際にも活躍するサイトです。